奇蹟の有機物熱分解・炭化装置

ECO-Action2030

ECO-Action2030

 

画期的な夢のような奇蹟の装置!

世界初! 安全・強力:太陽・空気エネルギー利用

重力波熱分解・炭化装置

*石油類、電気、ガス等の熱源は不要です。

<本装置は、安心・安全な日本製です>

はじめに•••

世界規模でエネルギーや環境問題が問われている今、本装置は、世界共通のテーマ“SDGs”の概念である持続可能な環境保護目標にも 十分に配慮し、開発された太陽様エネルギーと空気エネルギーを利用した奇跡の重力波式:有機物熱分解・炭化装置です。

GOALS廃棄ゴミでお困りですか?

それは食品残渣?下水汚泥?家畜糞尿?廃木?魚肉野菜残渣?ただ燃やすだけでなく、有機性ゴミなら何でも熱分解・炭化処理できます。

なおかつCO2を発生させません。捨てるものが無くなります。
最終目的は、ゼロエミッションによる低炭素社会の実現です。

 

 

ゴミ処理も新たな時代へ

ゴミ処理も新たな時代へ•••

「シンプル!」「クリーン!」「超低コスト!」

 日々増大する有機廃棄物、各種廃棄物、それらの処理は環境面、健康面からも悩ましい問題です。しかし、やっと環境に配慮され、人にやさしく、画期的な太陽様のクリーンエネルギーと空気エネルギーを利用した、新時代の「奇跡の熱分解装置」が開発されました。

 装置内に*斥力(セキリョク)が働くと、ハイレベルな重力波状(太陽様)エネルギーが集まります。そのプラズマ状エネルギーを利用して、永久的に熱源を発生・維持させ、安全で、健康にも環境にも優しい、副作用のない奇跡の「重力波式廃ごみ熱分解装置」が完成しました。

*斥力(セキリョク):引力の反対。反発・跳ね返す力の事。

 本装置の開発により、投入処理物「リサイクル資源」は、一般燃料なしに、365日休むことなく継続的に熱分解し続け、最終的には微粉末セラミック化されます。(乾燥、炭化処理希望の場合はご相談ください)。また一番問題になる高額な処理燃料費も一切不要になりました。*熱源:空気エネルギー太陽様エネルギー投入原料

 

 

 

画期的な夢のような奇蹟の装置!

空気と太陽様エネルギーを利用!重力波式:有機ごみ熱分解・炭化装置

 

・石油類、ガス、電気燃料不要! ・煙も臭いも、CO2、ダイオキシン問題も完全解決! 
・設置工事不要、庭の片隅、屋上の設置も可能! ・4t車による車載使用も可能!

 

 

・形 式:バッチ式 2t(2㎥)
・2t仕様:W 2,120×D 1,300×H 1,800
*処理装置:耐熱加工鉄製 耐火煉瓦 使用
*電気代・水道代:月間計約6,000円~7,000円前後、多くて10,000円位迄

 

画期的な本装置は、誰でも使える簡単操作、
コストもほとんどかからず、清潔で、作業もストレスフリー!
メンテナンスも簡単、多くても年に1回程度です。

 

<分析結果報告書:> ※画像をクリックすると拡大されます。

分析結果報告書-1 分析結果報告書-2
分析結果報告書-3 分析結果報告書-4

 

 

<対象業界:>

 病院、ホテル、空港、林業、農業、キャンプ場、ショッピングセンター、塗装会社、化学製品加工メーカー、廃棄物業、展示会場、スタジアム 他

<対象原料:>・・・粉末化 /安全なセラミック化 いずれの処理

 

◇事業系有機物 廃電線・廃タイヤ・廃プラスチック ・廃注射器・廃チューブ 他
ダンボール ・紙類 ・家畜糞 ・食品残渣 ・鳥獣死がい 他
◇木材系有機物 ・建築廃材・竹・間伐材・被災木材・乾燥剪定材・枯木・おがくず 他
◇農業系有機物 もみ殻・稲・麦わら・野菜・農業用ポリエチレン類 他
◇化学系有機物 ペットボトル・ビニール・プラスチック類・化学繊維・紙オムツ 他
◇漁業系有機物 海産物廃棄ごみ・漁網・海洋プラスチック類・ 他

⋆無機物と揮発性・爆発性のあるものは、処理できません。

 

<対象原料一部抜粋:>

廃タイヤ 廃電線・基盤 廃木 廃プラ
廃タイヤ 廃電線・基盤 廃木 廃プラ
ペットボトル 廃棄ごみ 剪定木 一般ごみ
ペットボトル 廃棄ごみ 剪定木 一般ごみ
建築廃材 海廃プラごみ ビニールハウス 海廃ごみ
建築廃材 海廃プラごみ ビニールハウス 海廃ごみ

 

<特 徴:>

(1)処理燃料不要(ランニングコスト削減) 空気エネルギーで全て処理します。
(2)設置工事不要、庭の片隅、屋上の設置もOK!コンテナ、プレハブの利用も可。
(3)電気代・水道代:月間計約6,000円~7,000円前後、多くて10,000円位迄
(4)ほとんど故障しない簡易構造設計
(5)メンテナンスは、多くて年に1回程度。(誰でもできるメンテナンス)
   *行政によりダイオキシンの検査が必要な場合があります。
(6)車載も出来るので、発電機使用により、電源のない離島や山間部・地域循環利用など何処ででも何時でも稼働できます。
(7)廃タイヤ・廃プラ・農業系ビニール・廃注射器・チューブ類の処理は約3時間前後と短い。
   *処理が難しい塩ビ類の処理も可能です。
(8)装置開発目的:有機物の熱分解による、コンクリート補強剤・竹木炭・肥料・土壌改良材・植物性非結晶シリカ剤製造機として開発。
(9)煙も臭いも、CO2、ダイオキシン問題を完全解決。
(10)装置稼働中でも継続して処理物投入可能。

  • (11)処理物は、概ね約1/300位に減容されます。
  • (12)装置耐用年数は、消耗品を除いて理論上20年~30年以上。
  •  

「アラジン‐Z/ゼット」装置•基本原理

本装置は世界共通のテーマSDGsの概念である継続可能な環境保護目標にも 十分に配慮し、開発された、石油類、電気、ガス等の熱源不要の太陽エネルギー作用と空気エネルギーを利用した画期的な夢のような奇蹟「重力波式有機物熱分解装置」です。

<分解エネルギー>
装置内の斥力によって生成された重力波状エネルギー場に空気(エネルギー)が反応して生じるプラズマ状態のハイレベルなエネルギーです。

<分解原理>
空気エネルギーを装置内に取り入れると、装置底面積層材の熱源にプラズマ状態のハイレベル(高水準)なエネルギーが反応し、投入物に作用させ熱分解します。投入物の熱分解が連続し、更に新たなエネルギーを生み出し続けます。

狭義のプラズマとは、気体を構成する分子が電離し、陽イオンと電子に分かれて運動している状態で、電離した気体に相当する。
*プラズマ技術でできること:微細加工・薄膜合成・表面改質・殺菌・除菌・消毒・除害・光源など、さまざまな場面でも活用されています。

 条件設定された装置(結界)への空気流入量によって、エネルギー量を調整し投入物を熱分解、CO2ダイオキシン等有害物質の発生を制御し、投入物は乾燥、炭化、灰化へと変化し、最終的には安全なセラミック状の灰に変化させます。

 セラミック灰は量的には少量で、常時排出する必要がなく、装置底面積層材として堆積させておき、状態を見て適時排出させます。*セラミック灰は本装置底面積層材土壌改良剤・コンクリート補強材・として有効利用できます。

「アラジン‐Z/ゼット」装置・仕様説明(1)

・形式:バッチ式2t・2㎥/日、 1t・1㎥/日 *特注:5㎥/5t装置は要相談。

・2t仕様:W 2,120×D 1,300×H 1,800 /1t仕様:W 1,150×D 810×H 1,800
*大容量サイズ等、ご相談に応じます。*予告なく仕様変更することがあります。

・装置重量:2t(2㎥)装置=約2,400㎏ 1t(1㎥)装置=約1,800kg 

・処理能力:日/2t・2㎥、1t・1㎥、但し処理物によってもっと増える場合もあり。

・処理方式:熱分解方式 (焼却方式ではありません)

・エネルギー源:空気エネルギーと太陽様エネルギー/エネルギー原料:投入処理物 
(石油・電気・ガス等のエネルギー源は不要)

・稼働条件設定:空気の流入量の調整と、投入処理物に合わせて設定

・装置内温度:最高700~800℃位

・対象処理物:有機物全般:生ごみ、紙類、草木類、衣類等繊維製品、紙おむつ、ゴム、
ビニール、プラスチック類、家畜糞、医療器具、農業・漁業ごみ、海洋ごみ、鳥獣死がい その他

・処理時間:投入物の種類や条件(含水率等)によって異なります。
(含水率の高い対象物は、前処理として乾燥処理をした方が効率的な場合もあります)

例:廃タイヤ、プラスチック類は、約3時間前後で処理できます。

 

「アラジン‐Z/ゼット」装置•仕様説明(2)

・装置構造:鉄製耐熱加工 / 内壁面 耐火煉瓦

・装置設置:安定した水平面に設置、基礎工事等 原則不要 (積載車より降ろすだけ)

簡単な給水設備及び電源 は必要

・排蒸気・排煙・浄化設備:スクラバー・ヒーター方式…スクラバーを通過させ冷却し、
ヒーターを通して加熱処理して浄化排出させる

・環境負荷:臭気、CO2、ダイオキシン、重金属、その他 有害物質は放出基準値以内

・付帯設備:電気=200V(20A)浄化ヒーター用/100V(12A)エアーポンプ制御盤用
給排水=スクラバー内の冷却水の定期交換及び装置からの少量の排水処理

・メンテナンス=365日連続稼働可、日常点検のみ(基本、定期的なメンテナンス不要)

産業と技術革新の基盤をつくろう※別途、下記用途として使用希望の場合はご相談ください。
(1)竹焼成高品質 カーボンの製造装置としても使用可能です。

 


総発売元 株式会社 メッセコーポレーション

重力波式装置:Q&A

1・排水設備工事は、しなくてよいのですか?
A:しなくてよい。処理水はごく微量発生する場合もありますが、
その時は改めて装置処理槽に戻して処理して下さい。

2・廃タイヤ処理の場合、一般的には処理後ワイヤーが残りますが、この装置はどうですか?
A:そのまま底に残して置きますと、稼働している間に徐々に灰になっていきます。
気になる場合は取り除いて下さい。

3・主にかかるランニングコストはいくらくらいでしょうか?
A:電気代が約5,000~6,000円位/月、水道代が約1,000円位/月迄です。燃料代は不要です。

4・装置メンテナンスの頻度はどの位ですか?
A:装置本体のメンテは、ほぼ不要です。わずかに出る処理物の残渣はそのまま装置底面積層材にするか、土壌改良剤・セメント強化材としても利用できます。処理物は約1/300位に減容されます。

5・医療廃棄物の処理は可能ですか?
A:一般医療廃棄物は問題なく処理可能です。

6・排水設備工事は、しなくてよいのですか?
A:しなくて結構です。処理水はごく微量発生する場合もありますが、その時は改めて装置処理槽に戻して処理して下さい。但し吸水設備は必要です。

7・車載用装置を考えています。車の大きさはどの位ですか?電源はどうなっていますか?
A:4tトラックになります。電源は発電機を使用します。
注意:車の走行中は装置の稼働はできません。

8・装置の見学はできますか?
A:処理テストの折に見学できます。

 

お問合せについて

下記よりお気軽にお問合せください。

arrow

 

img

 

(株)メッセコーポレーション

〒537-0025
大阪市東成区中道4-14-19
TEL:06-7502-1104
FAX:06-6972-0068
E-mail:messe@kankyo21.com

2

 




Copyright(C) 株式会社メッセコーポレーション. All Rights Reserved.