マイクロバブル(MB)の特徴と用途

nanoBubble

 

MBの特徴と用途:機能と効果と応用

マイクロバブル(MB)とは?

直径が0.1mm~0.01mmの非常に微小な気泡のことをマイクロバブルと定義します。

水中滞在時間が長い、気液接触面積が非常に大きい、高密度気泡群
の形成、吸着性を持つなどの様々な工学的特性を有しています。

 

また 

マイクロバブルは電荷を帯びており、マイクロバブル同士は反発しあいます。

このため気泡が結合することなく、非常に高濃密な気泡を作ることができます。

 

この特性を生かして、工業、化学、農水、医療、環境など様々な分野での
利用が進んでいます。

 

 

1

 

 

MBの特性1

 

2

 

 

MBの特性2

3

 

 

☆自己加圧効果:表面張力の収縮作用により、気泡内圧が増大し溶解!

☆圧壊現象・・・物理衝撃等を加え、急速に収縮させる。このとき、断熱

・圧縮作用により数千度・数千気圧の極限反応場を形成!

 

マイクロバブル(MB)各種発生装置

 

5

 

 

マイクロバブル発生装置MBL“MBelif”の特徴

 

本マイクロバブル発生装置は可変機構を内蔵!
あらゆる条件に対応します!

小型ユニット化により設置が簡単!
本マイクロバブル発生装置は、小型ユニット化されておりますので、わずかなスペースでも簡単に設置することができます。また、ホース接続や管用継手、塩ビパイプ等で簡単に接続できますので、電源を投入すればその日からご使用可能です。
様々な液体で使用可能!
独自のマイクロバブル発生技術です。
マイクロバブルの発生条件は、液の種類、温度、粘度、密度等によって様々に変化いたしますが、マイクロバブル発生体内部に設けた可変機構により、これらの条件が変化しても、容易に調節し、最適のマイクロバブル発生条件にあわせることが可能です。

これにより、一台で様々な液体、多様な条件をこなすことができます。また、インバーター搭載型は、さらに汎用性を高めております。

マイクロバブル発生条件コントロール!
通常、マイクロバブルは発生原理により、発生する気泡の大きさが決まっています。気泡の大きさを変えるには、従来、導入する気体量を変えることでしか気泡の大きさを変えることができず、数~数十ミクロン単位での調整はできませんでした。

本装置は、可変機構により、マイクロバブルの発生条件を動的に変化させることで、発生する気泡の大きさを数~数十ミクロン単位で変化させることが可能です。もちろん、気体の導入量を変化と合わせることで、より細かな調整も可能です。

 

マイクロバブル発生装置MBL“MBelif”の仕様

型 式MBLL11- 102V-SMBL15-208V-SMBL38-215V-SMBL50- 222V-SMBL95- 237V-S
排出量 11L/min 15L/min 38L/min 50L/min 95L/min
生成気泡径 10 ~ 100μm (清水20℃)
混合気体量 (最大) 2.0L/min 2.4L/min 7.0L/min 9.0L/min 18.0L/min
最高使用圧力 0.55MPa
使用可能液温 40℃以下 70℃以下 40℃以下 70℃以下 70℃以下
電源電圧 単相100V 三相200V 三相200V
消費電力 0.2kW 0.75kW 1.5kW 2.2kW 3.7kW
装置寸法 420W×240D×360H 380W×700D×750H 500W×960D ×1000H
装置重量 25kg 40kg 50kg 60kg 90kg

※ 装置の仕様は、予告なしに一部変更することがあります。

 

 

トルネードMB発生装置 MBN旋回せん断方式;仕様書

 

 img

 

 

 パンフレットはこちら 

 

 

トルネードMB発生装置 MBN-mini

 img_2

 

 

パンフレットはこちら 

 

 

超高速旋回流方式で効率よく微細気泡を発生! シンプルな構造でメンテナンスフリー!

コンパクト水中ポンプタイプで設置も運転も簡単!

 

すぐにお使い頂けます! 自吸構造で周囲大気を吸込むので、圧縮空気は不要!

水耕栽培、水産養殖、曝気、浮上分離、水質改善、排水処理、
脱臭、殺菌など
幅広い用途にお使い頂けます!

 


テックフォーマーS型装置

  用途;活魚運搬、養殖、蓄養、池水曝気、浮上分離


①マイクロバブル ……
気泡径の最頻値が1mm以下のマイクロバブルを発生。横方向の拡散力に優れ、槽全体 にマイクロバブルが充満。曝気、浮上分離、泡沫分離の効果が大。  

②ポータブル ………小型、軽量で、持ち運びが簡単。

③セットフリー ………処理槽や処理域に直接沈めて使用。随時、使用箇所に合わせて設置が可能。設置のた めの特別な器具等は不要。  

④メンテナンスフリー …新開発の特殊インペラー(特許出願済み)が、機械せん断方式でマイクロバブルを発生。 使用中の目詰まり等がしにくい。

⑤省電力 …………… 消費電力が小さく(100V100W~200V450W)、船上等での使用も可能。特別の電源供給 は必要ないので小型船舶や車両上にも設置可能。

 

 MBの用途

・排水処理    〔活性汚泥処理〕-高効率気液溶解

・化学工学    〔バイオリアクター〕-高効率気液反応

・環境改善    〔閉鎖性水域の改善〕-溶存酸素改善

・農 業      〔水耕栽培〕-溶存酸素増加

・水産業      〔養殖〕-溶存酸素増加、
・生理活性医療 〔滅菌・殺菌〕-オゾンとの併用

・先端技術    〔エネルギー〕-ガスハイドレートの生成

 

 

マイクロバブル専用機設計・製作、応用技術開発を行っております!

 

*現在、マイクロバブルの利用方法は多岐にわたり、

すでに数多くの分野で活発に利用が進められています!

*特に洗浄分野での利用は効果的!!

 

お客様のご利用に応じた専用のマイクロバブル発生装置の設計製作の他、マイクロバブルを利用した応用技術の開発を行っております。

 

マイクロバブルの研究、応用技術の開発、貴社の商品への組込等、マイクロバブルのご利用を考えておられる方のニーズに幅広くご対応いたします。お気軽にお問い合わせ下さい。 

 

 

 

各種お問い合わせはこちらから

お気軽にお問い合わせください

 

arrow

contact

 

 

電話 FAXでのお問い合わせ・・・


≫電話でのお問い合わせは…TEL:06-7502-1104 へ


≫FAXでのお問い合わせは…FAX:06-6972-0068 へ

 

 

「快適な環境造り」を目指すエコプランナー地球温暖化抑止に貢献します!

 

img

 

㈱メッセコーポレーション

〒537-0025 大阪市東成区中道4-14-19
TEL:06-7502-1104
FAX:06-6972-0068
E-mail:ms@kankyo21.com

2

 

3

▲ページの先頭へ戻る